• HOME
  • 院長紹介
  • クリニック紹介
  • 診療案内
  •   
  • 健康診断
  • 在宅医療
  • アクセス
  • 睡眠時無呼吸低呼吸症候群(SAHS)

    SAHSとは?

     私たちの睡眠を妨げる要因のひとつとして最近注目されている病気に、睡眠時無呼吸 低呼吸症候群SAHS(Sleep Apnea Hypopnea Syndrome)があります。
     睡眠中に無呼吸や低呼吸を繰り返し、日中の過度の眠気や高血圧、循環器疾患、脳血管障害、糖尿病など、多岐にわたる合併症の併発や、重大な交通事故や労 働災害などの原因ともなり社会生活にも影響を及ぼすようになります。
      無呼吸低呼吸状態とは、呼吸が10秒以上止まっている、または呼吸が止まらなくても呼吸の大きさが著しく低下している状態を指し、この状態が7時間睡眠中に30回以上、あるいは1時間当たり5回以上あるとSAHSとなります。

     

    SAHSになる原因は?

      ●太っていて首周りに脂肪がついている
      ●アデノイドなどの病気により、扁桃が肥大している
      ●花粉症やアレルギーなどで、鼻が詰まりやすい
      ●アゴが小さい
      ●アルコールの摂取により筋肉が緩んで、のどが塞がりやすくなる。

    など原因はさまざまです。 

      SAHSは太った人に多い病気と思われがちですが、日本人など東アジア系の人間ではやせていてもアゴが小さいなどの顔の特徴から、SAHSにかかる人が多く見られます。   

     

    SAHSと合併症・交通事故

     SHASは合併症の臨床症状が多岐にわたります。耳鼻咽喉科や呼吸器科以外にも循環器科・歯科口腔外科・消化器科など、SAHSが原因で引き起こす病気の合併について様々な報告がなされています。また、SAHSが原因による日中の眠気からの居眠り運転や、集中力が欠如することによる交通事故・産業事故により人命が失われたり、社会的な損失を与えているといった報告や報道が多くなされています。                    

         

                SAHSとは?        SAHAのタイプ         問診