• HOME
  • 院長紹介
  • クリニック紹介
  • 診療案内
  •   
  • 健康診断
  • 在宅医療
  • アクセス
  • 肺炎球菌ワクチン

    接種対象者は?

     肺炎球菌ワクチンは任意での実費となっております。

     基本的には接種を希望される方はワクチン接種が可能ですが、中には接種を受ける事が不適当な方もいらっしゃいますので、検討されている方は一度ご相談ください。

     

    次のような方に接種をお奨めします。

      ●高齢者(65歳以上)
      ●腎不全や肝機能障害のある方
      ●糖尿病の方
      ●心臓や呼吸器に慢性疾患のある方
      ●脾臓摘出などで脾臓機能不全のある方

     

    接種を受けることが不適当な方

      ●過去5年以内に肺炎球菌ワクチンを接種された方
      ●2歳未満の方
      ●免疫を抑える治療をしている方
      ●明らかな発熱がある方
      ●重い、急性の病気にかかっている方    など

          注意: このワクチンの成分が原因となって肺炎を引き起こすことはありません。

    肺炎の原因には多くの種類があります。肺炎球菌のような細菌性肺炎、ウィルス性肺炎のほか、マイコプラズマ菌、真菌(カビ)といった微生物による感染性のもの、間質性肺炎のように非感染性のものも含めて広く肺の炎症性疾患を肺炎と呼んでいます。

                

             肺炎球菌ワクチンとは?     肺炎の原因は?    費用はどのくらい?